手術前日(長文です)

病気の診断を受けてからアッと言う間に入院手術となりました。
慌ただしく辛い体調を調整しながらギリギリまで仕事をしてました。

8月6日PCR検査を受けてから、8月7日入院。すでに10日経過。明日手術です。
コロナの影響で家族のお見舞いや付き添いはNGです。

入院前半は薬で甲状腺ホルモンの値を管理する為、内分泌代謝内科に入院しました。
(補足)
私が診断されたバセドウ病は自己免疫疾患のひとつです。
通常は外から侵入するウィルスなどを攻撃し身体を守る働きをする免疫が自分自身を攻撃してしまう抗体を作る病で、バセドウ病は、この抗体が、脳下垂体から分泌される甲状腺ホルモンの代わりに休むことなく刺激し、過剰に甲状腺ホルモンを作らせてしまうのです。

主治医、担当医の先生方3名体制でご対応下さいました。
担当医の先生は一生懸命寄り添って下さり、主治医の先生は分かりやすくお話を沢山して下さいました。
甲状腺ホルモンの病気のこと
血液検査の値の説明、質疑応答(笑)
持病の浮腫やその他の不定愁訴について。
他の病が隠れてないか、問診、検査を沢山して頂きました。

(補足)
バセドウ病の患者には、まずは投薬治療が選択されます。その際に主に使用される≪メルカゾール≫と云うお薬には副作用があり、重大な副作用は顆粒球が減少する≪無顆粒球症≫と≪肝機能障害≫があります。


(補足)
無顆粒球症が起こると顆粒球(特に好中球)が減少し、ほとんど無くなる病気で細菌に感染しやすくなり、命の危険もあります。


他にはアイソトープ(放射線)


そして手術。
手術には甲状腺を少し残す≪亜全摘≫と全て取る≪全摘≫があります。


手術前日からは、耳鼻咽喉科に転科(病棟お引っ越し)します。

転科前の夜。
内分泌代謝内科の主治医が手術を前にして止める権利について熱心にお話して下さいました。

◆バセドウ病の大多数の患者さんと違い、診断から手術までの判断が早かったこと。
※ほとんどの患者さんは、何年も投薬治療したり、甲状腺の腫れが大きくなったり、副作用が重篤になってから手術されます。
◆ホルモン数値が落ち着いており、それほど腫れも酷く無いこと。
◆私と会ってない他の専門の先生からは、まだ様子をみても良いんじゃない?と云う意見が多いこと。
◆主治医も当初は2:8で他の先生と同じだったが、今は6:4で手術の意義ありと判断したこと。
◆外来主治医の先生の判断も落ち着いている内に対処するべきと云う意見。

◆乳ガンの既往歴があること。
◆過去に好中球の減少(無顆粒球症)が軽度だがあったこと。
◆風邪以外でも頻繁に熱を出す事。
◆バセドウ病眼症の症状が目蓋に出ており目が明らかに変わっていること。
(バセドウ病眼症についてはまた改めて書きます)
◆今はヨウ化カリウム服用で落ち着いているが、息切れ、動悸が酷かったこと…。
◆ヨウ化カリウムは長く使用出来ないこと。
主治医曰く、数値しか診ていない先生方と対面した先生方の意見が分かれているとのことでした。
…なので私に選択肢があることを改めて説明して下さいました。

私の判断は【手術】と云う結論。
◇動悸息切れが酷く仕事にならず困っていた。
◇容姿が変わり悩んでいる。(バセドウ病眼症のせい)
◇高熱の副作用や、長引く治療の体調不良で頻繁に仕事を休めない。
◇生活が掛かっています。
◇高齢の母を独りでみています。
◇独身ですので自分が働かなければなりません。
◇営業職で顧客対応ある為に無理をしがち。
◇息切れ酷いと会話も出来ない。
◇いずれ副作用の無顆粒球症や数値が悪化して結局切るのであれば今のチャンス、今の覚悟のまま切っておきたい。
…って事で話を終えました。
喉を切る訳ですから、手術をする事で発生するリスクもあります。
不安もありますが、今諦めて後悔するより進みたいですので予定通り手術受けます!


耳鼻咽喉科も3人体制で管理して下さいます。
耳鼻咽喉科の主治医も、とても良い先生です。
入院する前に外来で一度対応して頂きました。
外来でも丁寧にご説明頂き入院してからも、
何度も内分泌代謝内科の病棟に足を運んでくださいました。
(金)の夜には、術前オリエンテーション。
手術の手順、流れ、リスク等々丁寧にご説明頂きました。
コロナの影響で家族同席ではなく、独りで説明を聞きましたが、落ち着いて聞くことが出来ました。

明日はいよいよ手術です。頑張ります!
(頑張るのは先生方だけど(笑))

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

なおまさ
2020年08月16日 11:09
いよいよ明日ですか!先生方も皆さん真剣に《R》さんの事を考えて下さっていらっしゃるようで、心強いですね!
これで身体も心も楽になりますね。
手術の成功を信じていますo(^▽^)o
2020年08月16日 14:52
いよいよ明日ですね。先生方の丁寧な対応が心強いですね。コロナの影響でお一人でお話を聞いたりとちょっと心細い部分もありますが、しっかりしている《R》さんのことだからしっかり受け止めていらっしゃることと思います。
手術が無事に終わって、早くお元気になられることを願ってます。術後の痛みなどあると思いますが、一時のことだから頑張って あとは先生方を信じてお任せするしかないですもんね。頑張れ~っ
2020年08月16日 14:54
科も複数またいで、バセドウ病も大変な病気なんですね。今は入院中は面会禁止だし。心細さがありますよね。自分で決断をしていかなくちゃいけないし。きっと手術後も多くの決断をしなくてはならないでしょうね。体も大変だし、気持ちも大変。私は応援することと祈ることしかできませんが。
明日の手術が無事に終わって、体の辛さが改善するようにお祈りします!!≪R≫さん、ファイトーーーー(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!
2020年08月24日 06:31
なおまささん、ありがとうございます!返信遅くなりました。手術も無事に終わり昨日抜糸完了しました。退院も近い感じです!
2020年08月24日 06:34
Juechan ありがとうございます!返信遅くなりました。昨日抜糸完了しました。また退院後に詳細UPします!
2020年08月24日 06:38
ゆうこさん、ありがとうございます!返信遅くなりました。
昨日無事に抜糸完了しました。色々大変でした。詳細また退院してからUPしますね。